• 21世紀の英会話
  • 高城未来研究所“Future Report”
  • Tsuyoshi Takashiro Blog on honeyee.com

News

2014.09.28
*「世界はすでに破綻しているのか?」(集英社)発売中*
誰もが信じてきた「20世紀のセオリー」が、いま、ゆっくりと瓦解しています。
それは、2008年に起きたリーマンショックで誰もが知るところとなり、
「異次元の金融緩和」で、各国対処療法を繰り返し凌いでいますが、
根本的問題は変らないどころか、世界は「世界が変わって行く速度」に、
もはやついていけていない状態に突入しました。
実は、世界はすでに破綻しているのではないでしょうか?
もう少し正確に言えば、20世紀的世界は、破綻、もしくは破綻に直面しているのではないでしょうか?
高城剛はそのように考えて、もし、国家が財政破綻したら、街や人々の生活は
どのようになってしまうのかを調べるため、破綻、もしくは破綻に直面している国家や地域に直接出向いて、
5年以上かかって実態を調べました。
いったい、何が原因で国家財政破綻に直面してしまったのか?
その時、街や人々の生活はどのようになって、どのように生きていったのか?
歴史を紐解きながら、市井の人々から各国の官僚、エコノミストまで話を聞き、一冊にまとめたのが本書です。
果たして、歴史は繰り返すのでしょうか。
高城剛が、五年の歳月をかけて執筆した新刊です。
2014.08.07
*「グレーな本」(講談社)発売中*
本書は、毎週金曜日に発行される高城剛のメールマガジン「高城未来研究所」の中の人気コーナーである、
読者とのQAを再編集した二冊の自費電子書籍「白本」と「黒本」の合本です。
「白本」「黒本」は大手出版社から「このままでは、出せない」と言われた言説が多く、自費出版を行いましたが
それが電子書籍ランキングでベストセラーになるのを見た大手出版社から「紙で出版したい」と言われ、
白黒あわせた皮肉な一冊が本書「グレーな本」です。
迷走する大手出版社が本書を出版するシニカルな現実を通じて、
結果的に「グレーゾーンに突入した国家」を描いた一冊です。
2014.07.24
*「NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 vol.3 マレーシア・クアラルンプール」(Amazon Services International, Inc.)発売中*
メールマガジン「高城未来研究所 Future Report」の中のコーナーのひとつである、
「デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ」を再編集しました
「NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 vol.3 マレーシア・クアラルンプール」です。

本シリーズはメールマガジンの読者からの質問の多い海外移住先の都市をピックアップし、
高城未来研究所の主任研究員とスタッフが、あらためて2014年の各都市の現状を細かく調べ直し、
アップデートした最新版「世界の暮らし方」です。

日本からのアクセス、気候、言語、宗教、通貨・両替、食文化、物価、治安、医療、通信
といった都市の基本情報から、
ロングステイに必要なビザ、現地でのビジネスの始め方、長期滞在の際の住まいの探し方、
現地在住の方に聞くリアルな暮らしまで、各都市で生活する上で役立つ情報を取り上げました。